設計士のこだわり

過去の記事:

建築を体感

こんにちは。金沢支店設計室の宮川です。

最近日が落ちるのがだんだん遅くなり、早くも夏の近づきを感じています。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

先日何気なく見ていたサイトで1つの動画を見つけました。

それは豊島美術館の施工の様子を紹介したものです。

新建築社が雑誌で取り上げた建物をピックアップして、動画にて紹介しています。

 

私も昨年長期休暇を利用して、四国へ旅行にいった際に豊島美術館を見学し、その静かで壮大な美しさに感動したのを覚えています。

 

動画にてコンクリートのシェル構造を仕上げるために職人さんが夜通し作業している様子や、曲線に沿った複雑な配筋工事をみて、改めて偉大なものを見ていたのだなと思いました。

また、インターネット等で国内外関わらず建築やアートに触れられる手軽さ・便利さを感じながらも、生で見たときはアートを体感・体験しているのだなと感じ、自分の目で直接見ることの大切さを感じました。

 

私たちが扱っているのは住宅ですが、美術館等の大規模な建築に比べ設計・施工が簡単という訳ではありません。

規模が小さいからこそ密度が濃くなると考えています。

そんな、小さいながらもお客様が豊かな暮らしを体感できるような濃い家づくりに励んでいきたいと思います。