「美しさ」と「強さ」
Art & Technology

住宅には「デザイン」「耐震」「性能」等、様々なものが求められます。
しかしながら、デザインには流行があり、性能だけを求めた家は壁や柱が多く、生活環境の変化に対応できなくなります。
私達アルスホームは、永く使い続ける住まいの為に、「美しさ」と「強さ」をバランス良く、高いレベルで実現することが大切だと考えます。

「美しさ」
Art

feature01_illust01
外観デザイン
feature01_illust02
空間デザイン
feature01_illust03
暮らしやすさ

普遍的な美しさを大切にした外観デザイン

人は美しいと思うものを大切にします。
その土地に長く佇む住宅というものは、地域の気候風土や歴史・文化の影響を受けながら、年月をかけて育まれる普遍的な美しさが大切な要素となります。

CLOSE

内と外が一体化した拡がりある空間デザイン

庭や周囲の風景を介して四季の移ろいを愉しみ、自然と調和しながら豊かに暮らす。こうした日本の家独自の文化を受け継いだ空間デザインは、日本人の誰もが心地よく感じます。

簡素な美しさを追求したインテリアデザイン

住まいのインテリアは、家族の誰もが心地よく寛げることが基本です。
簡素な美しさという日本の美意識に基づき、装飾の無い素材と、細部への配慮で構成された空間は心地よく、時を経てなお美しさを増していきます。

CLOSE

美しい空間を無理なく維持できる収納設計

忙しい日常の中で、整えられた空間を維持することは難しく、新築時には整えられた空間も徐々に物があふれていきます。
美しい暮らしの為には、デザインと同等以上に、ご家族の行動パターンに即した、使いやすい収納設計が大切です。

無駄な動きのない「効率よく連続した動線設計」

生活の基本となる調理・洗濯・片付の動きは、時に負担にもなり、一見短い距離も毎日の積み重ねでストレスは大きなものになります。
家事を効率的にこなすには、行止りのない動線を、収納・水周りと連動した、効率的な計画とすることが大切です。

日々の暮らしを美しく快適に過ごす3要素

「美しい空間」

「無駄のない効率的な家事動線」

「家事動線と連動した収納」

CLOSE

「強さ」
Technology

feature01_illust04
耐久性能
feature01_illust05
耐震構造
feature01_illust06
地盤解析

「長期優良住宅」性能と大開口・大空間の両立

アルスホームの住まいは、内と外を大開口サッシで一体化した拡がりある空間提案を基本としながら、長期に渡り住み続けられる耐久性を持った性能を、基本仕様としています。

地震に強い
耐震等級:2等級
省エネルギー
省エネ等級:4等級
長持ちする
劣化対策:3等級
メンテナンスしやすい
維持管理等級:3等級

CLOSE

「繰り返しの余震」に耐える高耐震構造

軸組と床・壁パネルを組み合わせた「プレウォール」は、耐力壁をバランス良く配置する「モノコック構造」。高い耐震性の実現に最適な建築構造です。

「地震の揺れを抑制」大地震が起きても住み続けられる構造

軸組と床・壁パネルを組み合わせた「プレウォール」に加え、地震時の揺れを50%以上軽減する「プレウォールTX」を設置することにより、大地震が起きても、軽微な補修のみで、住み続けられる構造を実現します。

CLOSE

「地盤の揺れやすさ」を測定する最適な耐震設計

従来の一般的な地盤調査では、地震が起きた際の「揺れやすさ」を予測する事は不可能でした。
アルスホームでは最新技術の「地盤微動探査」によって、建設地の「地盤の揺れやすさ」を測定し、最適な耐震設計を行います。

CLOSE