対話を重ねるオーダーメイドの住まいづくり

アルスホームの住まいづくりは、一般的な住宅会社とは異なるアプローチをとっています。
私達は一人ひとりが建築家として、自由な発想や感性を大切にしながら、お客様との対話重ね、さらに複数のスタッフでの検証を繰り返すことにより、独創的かつ安定した品質の住まいをご提案致します。
それが私達の考える「オーダーメイド」と呼ぶに相応しい住まいづくりの進め方です。

01.敷地の個性を複数の視点で捉えます

敷地は一つとして同じものはありません。大きさや形、周辺環境も含め様々な上、都市計画による条件や規制もあります。
そうした中で、お客様の貴重な財産である敷地を的確に捉え、個性や特性を最大限活用する為、設計者一人の判断では無く、複数の建築士による検証を行い、最適な敷地活用のご提案を行います。

02.お客様の価値観や将来像を共有します

一般的に住まいの設計は「どんな間取りがいいか」「どんなデザインにしようか」と具体的な形の要望をお客様にヒアリングすることから始めます。
しかしながら、家とはその後何十年も住まい続けるものです。アルスホームでは、現状の要望や趣味嗜好だけでは無く、お客様のライフスタイルから、本質的な価値観を捉え、将来像をお聞きし、お客様にとって「かけがえのない暮らしとは何か」を一緒に考え、共有します。

03.住まいづくりの方向性を複数の視点で検証します

設計とは要望を詰め込むことではありません。お客様が「日々の暮らしの中で何を大切にし、家族とどう向き合い、どんな人生を送りたいのか」そうした住まいづくりの目的と、優先すべきことを明確にし、設計指針として定める必要があります。
そうした大切なプロセスを、キャリアや性別も違う複数の設計者が、ディスカッションを重ね、多角的に検証します。

04.これらの内容を「コンセプトシート」としてご提案します

お客様から頂いた情報は一つひとつが貴重なものであり、様々な関連性があります。
これらの内容を整理し、住まいづくりの方向性を「コンセプトシート」としてまとめ、ご提案致します。

05.ご納得頂いた「コンセプト」を元に具体的なプランやデザインをご提案します

アルホームには明確な商品シリーズがありません。
それは私達の住まいづくりが本来の意味でオーダーメイドである為です。
全てをお客様に合せて設計する為、具体的なプランやデザインを決定する際に、創り手と住まい手の方向性が食い違わないよう、事前にご納得頂いた「コンセプトシート」を元に、対話を重ねることが大切なのです。