ライフワーク

最終更新日:2022.08.05

こんにちは、上越営業所の石井 雅仁です。

夏本番、うだるような暑さが続きますが体調等崩さないように、どうぞご自愛の上お過ごしください。

 私も今年で住宅営業40年 ご縁あったお客様340邸を数えます。勤続疲労も至る所に出てきておりますが、人生の半分をライフワークとして全うし、今後も何かで役にたてればと思っております。

 と言う私も最初から住宅営業志望ではなく、40年前の新卒採用の履歴書には、短所に口下手 人見知りと記する程初対面の方と話す事が不得手でした。それは変わらず、今も緊張で顔は引きつります。

最初のご契約もお客様の嘘で解約となり、人間不信にもなり転職も考えました。

1年も経つと、お客様から相談事をぽつぽつと受けるようになり、それを解決するとキラキラな笑顔で喜ばれる表情が嬉しくて、また感謝される事に喜びを感じて、徐々にのめり込んで行きました。

 ただ楽しい事ばかりかと言うとそうでもなく、8割方は苦しい事ばかり。身体には、見えない失敗の傷跡が無数にあり、時々疼きます。しかしその苦しみがあるからこそ残りの2割の愉しみが際立つのだと思います。大変で一生懸命やっている事の延長線上に本物の愉しさがあったような気がします。

 営業40年を一言で例えるなら、2030代は、無我夢中 4050代は、五里霧中と言った所でしょうか。

 私が思う一番の住宅営業の醍醐味は、多分この仕事をしていなければ一生出会えない方と家づくりで全身全霊を込めて向き合える事、そして納得の合意形成を重ねていく過程の緊張感と充実感にあります。

 明日は、どんな方に出会えるだろうか。 過去に出会った事のない価値観や考えの方と対話すると心がワクワクドキドキする感覚が不得手を克服してきた気がします。

皆さんは今の仕事は好きですか?

好きとは言えない。と言う方がほとんどかもしれません。

 しかし、その仕事の中で苦しみから逃げず、真剣に向き合いそれを乗り越える事が出来た時、そこに本当の愉しみを見つける事が出来るはずです。

 この、大変さや苦しみの中に同居している愉しみを見つけ続ける事が出来る事が人生を謳歌しライフワークと思える一歩かと思います。

 企業理念の「ライフワークとしての使命感を持とう」還暦のハナタレには染みる言葉です。

  不器用な私に天から授かった唯一の職であり、これからも使命を全うしたいと思います。

糸魚川 黄昏の浜辺 波の音と共に心が洗われます

一覧へ
次の投稿