1. TOP
  2. 構造・工法
  3. 高耐震

高耐震

アルスホームの住まいは プレウォール工法。
「柱・梁・壁」が一体となった
『モノコック構造』です。

柱、梁、壁でバランスよく外部からの力を支えます。
間取りの構成、開口部の制限も最小限のものとなりますので、
デザインも思い切った設計にでき自由度が広がります。

柱・筋交い、梁ふだけで支えるため、外からの力がかかると、一箇所に大きな力が働き、大きく変形する傾向があります。

外からの力に対して、壁や床面で支えるため、変形する量も大きくはありませんが、面で支える構造のため、間取りや開口部がかなり制限されます。

柱、梁、壁でバランスよく外部からの力を支えます。
間取りの構成、開口部の制限も最小限のものとなりますので、
デザインも思い切った設計にでき自由度が広がります。

強固なモノコック構造

強い床(剛床構造)によってモノコック構造がさらに強固なものとなります。

繰り返す揺れに強いことが、データで実証されています。

プレウォールは本震だけでなく、
繰り返す余震にも備えるため
「真壁構造」を採用しています。

現代の住宅において耐震強度は非常に重要な要素のひとつです。

プレウォール工法 耐震試験の動画です。
アルスホームでは、万が一の際の安心性能を標準で装備しています。

ページ先頭へ