1. TOP
  2. オーナーサポート
  3. イベントのご案内
  4. イベントレポート 【手作り照明教室】9月20日(土)掲載

オーナーサポート

アルス倶楽部

暮らしの相談室

長期サポートシステム

イベントレポート 【手作り照明教室】9月20日(土)掲載

朝晩めっきり秋の気配を感じられるようになった9月13日、
手作り照明教室を開催しました。
会場は北日本新聞[越中座]、午前午後合わせて25組50名様とたくさんのお客様にご参加いただきました。
今回の講師は照明のコイズミよりお招きした森下先生です。
あかりのもつ癒やし効果や寛ぐためのあかりの作り方、使う場所・時間・用途・電球によってあかりの色や器を選択することなどなど。
いろいろ教わりとても勉強になりました!!

さて、お待ちかねの照明作りです!
森下先生の指導の下、まずは骨組みを針金で作っていきます。
ペンチで針金を切って、曲げて・・・これがなかなかいうことを聞いてくれないんです。
周りの人に手伝ってもらったり、手を貸したりし合いながら、土台になる木の板にビスで留めていきます。

骨組みの次は、シェード作りに進みます。
シェードには秋の夜長によく似合いそうな和紙をご用意しました。八尾と加賀、どちらも手すきの味わいが素敵です。
照明のイメージに合わせて和紙を選びます。とっかえひっかえしながら「私の家にはどれが一番似合うのかしら?」とみなさま怖いくらいに真剣です。
和紙が決まったら、照明に合わせて切ったり貼ったり。
わざとクシャクシャにして陰影にコントラストをつけたり、和紙を重ねて色や模様にアクセントを加えたり。
「あら、それ素敵ね」「これってどうやったの?」
そんな会話があちらこちらから聞こえてきました。

苦労の末に作品の完成です。さっそく点灯してみます・・・。
「おォー」「ステキー」
うっとりため息のさざ波があちこちで立っています。
みなさま作品の出来栄えに満足された様子で、楽しかったという声を沢山いただきました。
出来上がった照明はもちろんお持ち帰りいただきました。
長い秋の夜をほのあかりで、どうぞごゆるりとお愉しみくださいませ。


最終更新日:2014年09月13日

ページ先頭へ