営業マンの日常営業マンの日常

過去の記事:

食と会話

こんにちは。営業部の四柳です。

 

 

 

 

本日はクリスマスイブ。

午前中には雪もちらつき、明日はホワイトクリスマスになるかもしれませんね。

年末に向けて寒波が近づいてきているようです。みなさん暖かくしてお過ごしください。

 

 

昨今ニュースでも話題になる「孤食」。

家族がなかなかそろわず、ひとりで食事を取る人が増えているそうです。

実家暮らしが長かった私は、ご飯の時間が家族とのコミュニケーションの時間でした。

朝ごはんは家族みんなで食べて、今日の予定について報告したり、

夜には隣に住んでいる祖父母も呼んで、食事しながら今日あったことを話したりしていました。

ひとり暮らしを始めてから、テレビを観ながら黙々とご飯を食べることが多くなり、

当たり前だと思っていた「みんなで一緒に食事する」ことの大切さを実感しています。

 

 

先月、設計部の番匠社員のお宅のホームパーティにお招きいただきました。

私だけでなく、部署や役職をこえて8人の社員(?)が集まり、

美味しい料理を囲んで何時間も会話を愉しみました。

ご自宅の薪ストーブで焼いた、奥様お手製のピザがとても美味しかったです。

バジルは自宅の農園で作ったそうで、栽培の楽しさや難しさも教えてもらいました。

何気ない会話のなかで、相手の新しい一面が見えたりして、とても有意義な時間でした。

 

 

 

 

 

 

当社のコーポレートメッセージ「上質な日常を愉しむ」のなかに、

「食と対話」を愉しみ 絆を育む  という言葉があります。

 

食を通して会話が弾み、家族や友人との絆が深まる。

私たちが提案する住まいが、お客様にとってそんな素敵な場所になればいいなと思います。