工事監督の目線工事監督の目線

過去の記事:

今年の漢字

 

 

 

 

 

こんにちわ。工事部の山崎です。

今年ももう10日を切りましたね。仕事納めに大掃除、年賀状作成等何かと忙しい時期ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、先日「今年の漢字」が発表されましたね!今年の漢字は「災」という字だそうです。

ここまでの内容を読んでうっすら気付いておられる方もおられるのではないでしょうか?

そうです。先日の社長のブログと被っているのです!(笑)

こんな事もあろうかと別の内容を・・・・・・・・・・

 

用意していないのでこのまま続けます。。。

「今年の漢字」は毎年12月12日に日本漢字能力検定協会がその年の世相を象徴する漢字1字を発表するものです。

京都市の清水寺での発表の様子はすっかり年末の風物詩ですよね!

ちなみになぜ京都なのかというと日本漢字協会の本部が京都にあるから。なぜ12月12日かというと「1(いい)2(じ)1(いち)2(じ)」の語呂合わせによるものだそうです。

 

今年は大雪・猛暑・豪雨や地震に台風と本当に多くの災害がありました。

特に1月の記録的な大雪には大変な思いをされた方も多かったのではないでしょうか?

 

 

 

 

私もその中の1人で1月中旬の大雪には本当に大変な思いをしました。

普段、高岡から富山の本社まで40分程かけて通勤しているのですが、この時ばかりは同じ道を通っているにも関わらず通勤時間6時間。会社に着いた頃にはお昼を越えていました。

 

 

 

 

そうかと思えば、この夏は連日35度を越える猛暑日が続き、時には40度に迫ろうかという日もあるほどでしたね!

また、今年は多くの台風にも苦しめられました。台風対策をしに現場を回りながら「どうか被害が少なくあって欲しい」と祈りながらの日が続きました。夜中のものすごい雨風に不安な思いをしながら夜を過ごしました。

 

こう振り返ってみると今年はやはり災害が多い年だったなと思います。

来年は年号が変わったり、消費税が10%に上がったりと社会の大きな転換期となる1年になりそうですね。

「災」転じて「福」となるよう、来年が良い年となるように祈って私のブログは締めさせて頂きます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。