スタッフ便り-展示場-スタッフ便り-展示場-

過去の記事:

色づく街

春はムスカリ、新緑に彩られ

夏はつつじ、山法師、東方向には雪解けの霊峰白山に心奪われ

秋は紅葉し、落ち葉さえも絵になり

そして冬は・・・

はじめまして。

平成最後の冬を快適な野々市展示場で初めて過ごします鳥本と申します。

淡い雪化粧が安らぎを醸す空間、そのような演出であってほしいと願うばかりです。

今まで日々の生活に追われ、意識することが少なかっためぐる季節を体感でき

有難く感謝しております。

 

2018年度も残すところ後わずかとなりました。

前後の仕事で、皆様、公私共々多忙な日々を送ってらっしゃることでしょう。

平成30年は人災、強雨、酷暑、台風、地震など災害のオンパレードで

やはり「今年の漢字」は「災」が選ばれました。

あぁ、つくづく北陸は治安が安定し住みやすい地域だな、と。

 

昨年は清水寺へ行き、応募してきたのですが

一文字で一年の世相を表す難しさ。

締めくくりの意を込め、しっかりと書いて投函したことが記憶に新しい。

皆さんの今年の漢字は何だったのでしょうか?

「災」といえば阪神淡路大震災で、犠牲者となった方々には申し訳ないのですが

あの音と光のハーモニーは心が熱くなります。

神聖な、歌声と鐘の音、あの点灯の瞬間を目に焼きつけ、感動したくて

又、ルミナリエに誘惑(!?)されてしまいました。

心ときめく、幻想的な空間に身を置くひとときは、何物にも代えがたい。

ただ残念なことに今年は歌声と鐘の音が、生ではなくスピーカーからでした。

 

実は、「作品」「建築物」としては、展示場とルミナリエは共通点があり

どちらもデザインされる設計士さんの想いが

込められているということです。

 

毎年の「テーマ」           

 

 

 

(共に創ろう、新しい幸せの光を)            

 

一邸毎の「テーマ」

 

 

(木洩れ日デッキのある家)

 

 《野々市展示場の魅力》      

・内から外にかけて広がるアルスワールドは最高、借景の白山も圧巻

・女性には嬉しい実用的なバックヤード

 朝の重なる時間帯も同時に身支度できるユーティリティは使い勝手抜群

・玄人を唸らせるシンプルで飽きのこないモダン設計

・頼もしい「プレウォールTX」は、暮らしを守る命綱

  とにかく見所満載の為、来て見て体感していただきたい家です

  ご家族ご一緒にお越しくださいませ お待ち申し上げております。

 

新年度は歴史も変わろうとしています

ぜひアルスホーム見学からスタートされ、

あなたの歴史の色を塗り替えてみませんか