原野会長が考える“家づくり”原野会長が考える“家づくり”

過去の記事:

「一流の道」

  

奇しくも2人の名人と言われる人は、同じことを言っています。

「角を矯めて牛を殺す」ということわざのように、
短所は確かに直したいところではありますが、
そればかりに気を取られていると、長所を伸ばすことを忘れてしまいがちです。

大事なのは自分自身をきちんと客観的に見ることができているか、ということ。

短所はどんなところで長所はどんなところなのか。
今、自分はどんなレベルまで成長できているか。
これから自分の能力をどのように伸ばしていくか。
そんな自分の方位磁石、今風で言えば自分だけのGPSをしっかり持っているか。
そのGPSで自分のレベルの位置情報を確認しながら、
レベルアップのために自分を磨き続けることが大事なのです。
その道は常に試行錯誤であり、永遠に完成はない・・・。

確かにそうあるべきなのでしょうが、
私達にはとっても難しい境地ですね。

それでも爪の垢を煎じて・・・
少しでも真のプロフェッショナルに近づけるよう
日々修行を続けたいと思います。