原野会長が考える“家づくり”原野会長が考える“家づくり”

過去の記事:

自分で考える力



この数年、マニュアルがないと何をしていいかわからない。また、マニュアルがあればあるで、
その通りにしか行わず、その時々の状況に合わせて対応することができない人が増えている、
と目や耳にすることがより多くなっている気がします。

わからないことはすぐにスマホで検索、という今。
何か問題が起きたときも、それが起きた原因・真因まで考えることなしに、
すぐに対策をどうするかばかり考えてしまう。
問題は、自分で考える力がとても弱くなっているということ。

世の中にはスマホで解決できないものが無限にあります。
それを解決するためには、自分自身の頭で必死に考えるしかありません。
しかも、それは自分だけの狭い視野で考え続けていても堂々巡りになりがちです。
視野を広げ、自分の周りで起きている出来事や世の中の情報から、
大局観を持つことが大事なのでは。
そうすることで、一晩寝て翌朝起きた時に「ひらめいた!」ということにつながるのです。

自分で考え、いろんな情報を取捨選択しながら編み出したものこそ生きるための「知恵」です。
インターネットなどで簡単に調べた情報は、知識になったとしても、
決して「知恵」には成りえません。

日々、自分で考えることを怠らず、自分自身の知恵を蓄積していくことが
そしてその知恵を周りの人達に水平展開できるか。
それこそが、自分の「成長」だと思うのです。