設計士のこだわり

過去の記事:

自分達らしさ

こんにちは、設計部の浅井です。

 

一日の中でも朝晩は20度を下回り、日中は30度近くの暑い日・・・

そんな気まぐれなお天気に振り回されて体調を崩す方もおられるのではないでしょうか?

私もその中の一人です・・・。皆様も、体調を崩されないようお気をつけください。

 

そんな気候の中、先日機会があり親族の結婚式に参列しきました。

前日まで雨だった天気も、すっきりと晴れて心地よい青空の広がる一日でした。

その結婚式は親族のみの参列という形で行われたのですが、

私は親族のみの結婚式というのは初めての参加だったのでどのような雰囲気なのかな?

と楽しみにしていました。

 

結婚式がはじまると、参列者が大人数ではないため、新郎新婦や他のゲストとゆっくりと話したり

たくさん写真を撮ることができました。

スタッフの方々も、子供にむかって笑顔で手を振ってくれたり、こっちで遊んでいいよ!と

声をかけてくださったりとそれぞれのゲストに向けて細かな所まで気を配ってくださっているのが

伝わってきました。

(子供用の席にはこんな風に可愛くセッティングしてありました!)

 

その他にも大人の参列者が多い結婚式ということを考慮し、ブーケトスではなく、

新郎新婦が選んだこだわりのシャンパンを引き寄せるシャンパンプルズというものを行い

ヤッター!と大人の喜びの声が外に響き渡る、和気あいあいとした時間が流れたり…

終始たくさんの笑顔が溢れる、新郎新婦の優しく温かい人柄が伝わってくる結婚式でした。

 

 

その式場では、私の友人や当社で建築されるお客様の中にも結婚式を挙げられた方がいます。

その方達にお話をお伺いしていると、式場のスタッフさんとの打合せの際には、

『より良い結婚式・自分達らしい結婚式にするためにはどうしたらいいのか』

何度も打合せを重ねているそうです。

 

今回も新郎新婦とスタッフさんの間では、

みんながゆっくりと会話も楽しめる、そして自分達らしい式にするにはどうしたらいいのか…

という打合せを何度も重ねたのではないかと思います。

 

この部分は当社で建築されるお客様との打合せのプロセスに通じる部分があるように感じました。

 

 

『何度も何度もお打合せを重ねて、細かな部分までこだわり思いのたくさん詰まった我が家。

 私達にぴったりの素敵な家になった!』

 

お客様にそんな風に感じてもらえるよう、これからも全力で家づくりのお手伝いをさせて頂こう!

と改めて感じたひと時でした。