設計士のこだわり

過去の記事:

ひな祭り

こんにちは。企画開発部の亥上です。

日に日に厳しい寒さも和らぎ、春の陽気を感じられるようになりました。

さて、先日3月3日はひな祭りでしたね。

女の子の節句であるひな祭りは、平安時代から続いている行事だそうです。

「元気にすくすく育ちますように」という子供への願いが今日まで続いているかと思うと感慨深いものがあります。

私も先人たちにならい、娘の初節句をお祝いました。

お雛様を飾りつけていると、懐かしい記憶が甦ってきます。

姉や弟と一緒に飾り付けをしたこと、ひな壇の裏を秘密基地にしたこと、肝試しに弟とお雛様を夜中に見に行ったこと………罰当たりなこともしていましたが、当時楽しく過ごしていたことをたくさん思い出すことができました。

また、こうした思い出が残っているのも、毎年お雛様や兜を飾り、私たちの健康や成長を願ってくれていた両親や祖父母のおかげだなぁと感じました。なんだか「子を想う気持ち」を教えられような気がしました。

私も両親や祖父母にならい、一つ一つの年中行事を大切にして、そんな想いを娘にも受け継いでいけたらと思っています。

 

今はまだ、ひなあられに夢中のようです。