設計士のこだわり

過去の記事:

お母さんの目線

こんにちは。設計部の堀井です。
今年も残すところあと一月。皆様1日1日を大切にお過ごしください。

「春じゃないがにイチゴあるが?」
最近驚かされた5歳の息子の一言です。
季節を覚え、いつの間にか旬の食べ物までわかるようになっていました。

我が家は新築してもうすぐ2年が経ちます。
毎日の生活の中で私達の住宅をデザインする仕事がとても大切だと実感させられます。

我が家はオープンキッチンです。キッチンからダイニングが見え、その先に庭が見えます。
良い季節の頃には息子達が庭で遊ぶのを眺め、最近は落ち葉拾いを喜んでする姿を眺めています。

食事の時には主人と5歳の息子が庭とTVが見える特等席。私は反対側。
そこは息子の顔が見えるので私には特等席です。

キッチンはいつか汚れるもの、オープンにしてしまってよいか不安がありましたが、
今ではオープンならではの家族のつながりが感じられてよかったと思います。

我が家は夫婦でキッチンに立ち、5歳の息子もお手伝いをしたがります。
それを見て1歳の息子も寄ってきます。
又、料理する様子をダイニングから見たり、質問をしたり時々文句を言ったり。
食に対しての会話が増えます。
主人の実家がそうでした。食に対して関心があり、季節ものや味付けについて良く話をします。
こんな環境が息子達にも与えられたこと、しっかりと伝わっていたことがうれしく、感動しました。

キッチンは汚れるものですが、この環境はずっと永く保っていきたい!と願い、
息子からパワーをらった私は少し早めの掃除をしました。

↑掃除前

↑クエン酸パック

↑掃除後

最近はインターネットでも掃除方法が多く掲載されていますが、
今回は重曹(石鹸カスや油汚れを落とす)とクエン酸(水垢・カルキを落とす)方法で試してみました。

掃除も気の持ちようです♪ 皆さんも年末のお掃除がんばってください!