スタッフ便り-展示場-スタッフ便り-展示場-

過去の記事:

暮らしの美的と勾配空間

展示場担当 船崎です。

少しずつ日が長くなり、刻々と春を感じる今日この頃ですね。

図1

今日は育児が慌しい日々から少し落ち着いてきたときに、出会った本について紹介したいと思います。家での暮らしの中に美しいをとりいれたい。よい生活習慣をつけたい。

自分自身と家族の心地よい暮らしを手に入れたいと考えていたときでした。1455780688859

 

響いた言葉は

①美しさの感動が、人間にとって唯一の活性方法であり、静かで穏やかな日々を送りたい。(すっきり綺麗だと嬉しい)

②本当の知性は食卓の上に、人として楽しく心地よく生活していくために。。。(彩りなど、)

③空間に住まう人の気品を損なわないよう、また磨かれるように願うために。(もちろん未熟なのでこちらが主です)

律してくれる言葉がつまったルールがあると自分自身のずれに気づかされます。とても共感し、私の教科書になりました。(反省の日々ですが、、、)

本の影響で、普段使いの食器たちも、日本人特有の属人性の文化を受け入れ、シリーズで家族でそろえることで一体感を持ってみたりと家事や暮らしを愉しむ毎日です。

14557807158021455780702559

美的実用性のあるものに囲まれると、家での生活が癒され、元気を充電できる気がします。

早いもので本を手に取ってから13年の月日が経ち、

白いドアの子供部屋の二人はもうすっかり大きくなりました。1456203425165

1456203456773

女の子二人だったので、子供部屋を分けようか、同じ空間にしようか迷ったのですが、個室にし、ロフト空間で寝ている一部分を開放しシェアして二人の顔を見ながら眠りにつくことができる形にしました。勾配天井のロフト同士でトンネルのように行き来ができるので、小学生の頃はよくお泊りもしていましたよ。

 

1456019403070

さて、第一展示場の二階には大屋根特有の勾配天井が持つ非日常空間を仲良くシェアしたキッズコーナーと書斎コーナーがあります。(詳しくは展示場案内をご覧下さい)

家具で空間を分けてありますので、子供部屋を分けようか迷うときにも参考にしていただける場所かと思います。

また勾配の空間を見学していただくと趣味室などの場合、コレクションたちと勾配天井が面白くコラボしたり、ユニークな発想や創造力を刺激する場所となるかもしれません。

家作りをお考えの方は是非、展示場にお越しくださいませ。 お待ちしております。