原野会長が考える“家づくり”原野会長が考える“家づくり”

過去の記事:

「問題解決」


「問題解決」

問題を哲学することはとても大切なのですが、
そればかりだと、問題はなかなか解決していかないとういうことも。
「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」と問い続けているうちに、堂々巡りになってしまい、
結局何が原因で、どうすればいいのかわからなくなってしまったり・・・。

一方で、目の前の問題を「どうやって」解決するか、
そればかりに気をとられていると、
単にその場しのぎの対策になってしまうことがよくあります。
根本的な問題が解決されないため、
目先が異なるだけの似たような問題が何度も起きてしまう。

身近な現象、問題を解決するとしても、
その奥にある大きな問題を意識していないと、
適切な解決策にはならないのです。

大きな問題をいかに小さな問題に分解して考えられるか、
目の前の問題から、奥に潜む問題の本質に意識を向けられるか。
問題解決には、両方の思考が必要なのだと思います。

「着眼大局・着手小局」

言うだけなら簡単なのですが、
現実は、というと・・・

毎日の、一つ一つの出来事が修行なのですね。