設計士のこだわり

過去の記事:

緑との共生

青葉若葉の美しい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

金沢支店設計室の百海です。

この季節になると私は毎年急に緑に目覚めます。

一昨年から育てているブルーベリーですが、
ずぼらな主人に負けずちゃんと今年も花を咲かせてくれました!

(↑4月中旬)

(↑今朝)

ブルーベリーは同系の2品種を一緒に育てると実付きがよくなるといいますが、

うちの木はハイブッシュ系1本で、たいしたお世話をしていないにもかかわらず、

昨年はそこそこ実を付けてくれて娘と少しずつ採って食べる毎日を過ごしました。

2本ならもっとたくさんなるのでしょう。

 

先日、私の大好きな滋賀県の「ローザンベリー多和田」という

バラと宿根草のガーデンと羊の牧場が魅力の自然豊かなところに、

羊のショーンの世界ができたとのことで、

さっそく子供たちを引き連れて行ってきました。

ここは徐々に庭を拡大し進化しており、今回は羊のショーンが現れたこともあって、

私が初めて訪れた時からは想像がつかないほどの大行列ができていました。

お庭のほうは比較的人も少なく依然穏やかに散策できて心地よく、

羊のショーンはその世界観を忠実にセンス良く自然に溶け込ませていて、

新たな楽しみもできました。

 

素敵なお庭に魅せられて、

今年もまた新たに自宅のテラスにどんな植物を増やそうかとうずうずしております。

私は緑のお世話は苦手なので、

とてもとてもローザンベリーのような手入れの行き届いたお庭にはできませんが、

ある程度緑に囲まれた暮らしをしたいと思っています。

きっとお世話の苦手な私でも付き合っていける植物があるはず、、、と思い

めげずに育ってくれるけなげな植物とともに

徐々に緑との暮らしを進化させていきたいなぁと思うのでした。