工事監督の目線工事監督の目線

過去の記事:

愛着のある物

   

こんにちは、工事部お客様センター 砂原です。GWも終わり最近では気温の変化が激しく 
 
体調などくずして疲れがとれない方もいらっしゃることでしょう。 
 
さて、今回は築30年のアルスホームで建築されたお客様の家のメンテナンスについて 
 
ご紹介します。メンテナンスのご依頼は玄関周りを綺麗にしたいことで、作り直すか塗装に 
 
するか検討されていました。作り直す話もありましたが私はこう考えました。作り直すことは 
 
簡単ですが費用も掛かることだし、30年前にこれをつくった大工さん、このデザインに 
 
落ち着くまでに検討を重ねた設計士さんの苦労を考えたからです。30年間の家族の歴史ある 
 
ものを壊すのはもったいない、特に腐食具合も悪くなかったので塗装することをお勧めしました。 
 
また、家の造りからこの家に合った玄関構えを壊すのはもったいない思いと、30年間もの間 
 
行ってきます。ただいまと家族を迎えてくれた玄関はお客様にとって愛着があるものと感じました。 
 
塗装後  
  
 
 
 皆さんには愛着のあるものはありますか?そう考えると愛着のあるものは自身の周りには 
 
どの位あるのだろうと思いました。シンプルに物をためないようにしてきてたので自分の周りには 
 
長く使っている物が少ないようでしたが、最近、椅子を購入しました。どんな椅子にするか悩み 
 
ましたが、こだわりたいことは快適性を一番重視したことから歴史あるエコーネス社のストレスレス 
 
リクライニングチェアを選びました。快適性もさることながらHPをみますと『快適性が形になる』 
 
私たちは人の体が求める快適性を生み出すプロであり、最も直観的で美しく快適な技術を追求 
 
し続けています。と書かれています。私たちアルスホームの企業マインドにあるように『私達は 
 
美しい住まい研究所』です。と同じように理想の自画像を追いかけて行きたいと思います。