工事監督の目線工事監督の目線

過去の記事:

冬到来

こんにちは。工事部の大野です。

12月に入り、寒い日も増えてきました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて今回は、冬に感じる家の不具合?についてご紹介します。

?をつけたのは、”ごく自然に起きうること”なのですが、

生活されていると、ふとした時に気になる現象のためです。

◎スイッチ、コンセントから冷気が出てくる

これはお部屋が温まってくると、①壁の中、天井裏の空気と室温の温度差、②換気扇による空気の移動 により発生します。

①が空気は寒いところから温かいところに移動する原理で、さらに②によって吸い出されるため”隙間風”として感じられることがあります。

隙間風=外部につながっている隙間がある ことではありませんので、ご安心ください。

試しに近くの換気扇を一度止めていただくと、空気の出方が変わって感じるかもしれません。

良い意味で捉えますと、家の中の空気が淀みなく廻っているため、木造住宅としては木の動き軽減になっており良い傾向ではあります。

このようにちょっと気になることがでてきた場合も、工事担当者、お客様センターにお問い合わせください。