工事監督の目線工事監督の目線

過去の記事:

金沢のお盆は7月です。

 

 

葉っぱが内側に丸まらないうちに、散水しましょう!

みなさん、こんにちは、

4月より金沢支店、お客様センター担当となりました園田です。

お盆休みもおわりましたが、なかなかエンジンがかからないと言う方が多いのではないでしょうか。

今日から仕事頑張りましょう。(お盆中お仕事だった方、お疲れ様でした)

さて、お盆と言えば8月だと思う方がほとんどだと思いますが、金沢は何故か7月の新盆に行なう習慣があります。しかも、箱キリコや板キリコを墓石の前に縄やロープを張りぶらさげるのです。

子供のころから比べると箱キリコの数は減りました。原因はいくつかあり、場所が多くいること。

雨が降ると紙が破れること。蝋燭を灯すと火事になる可能性があること。ゴミになること。がありますが、

暗くなってから箱キリコの蝋燭に灯すと幻想的な感じになり好きな風景でした。

地域によっては、箱キリコを川に流すところもあるそうです。

お客様センターになってからはお墓もなるべく綺麗に保とうと思い、1ヶ月に1回は行くことにしていて、回りと比べるのも如何なものかと思いつつも、7年経つが比較的良好な感じです。

ただ、文字を白色にすると汚れが付着しやすいことに気づきました。今後お墓を建てたれる方は参考にして下さい。

紐にぶら下がっているのが、板キリコ 後ろに見えるのが箱キリコ

メンテナンスグッズ。一人で行なうと大変なので家族総がかりで行なうのが良い

写真はお掃除グッズ。桶、柄杓、ペットボトル+先にブラシが付いた物、ミニほうきとちりとり、鎌、雑巾、ブラシ、スポンジ(柄付きが楽)、ゴミ袋があるとゴミ回収出来ます。洗剤も市販されていますが周りの迷惑にもなると思うので水で十分です。綺麗になると気持ちよく参れますょ。

8月のお墓参りは気温も高く蚊も飛べないくらいですが、万が一の為に虫除けスプレーをしていくと木陰などで休んでいる蚊に刺されないで済むかもしれませんね。

金沢以外の親戚のお墓を参るのですが、何せお墓が多く、大きいのが沢山あるため、毎年行ってるのに迷ってしまうので時間が掛かります。しかも、15日に行ったので気温が高く干からびそうになり、お墓参りにも水分補給が大切だとつくづく思いました。

若い頃はお墓参りは面白くないと思っていましたが、年数が経つにつれ気持ちに変化がでて、ご先祖様に対して尊う気持ちが大きくなったことです。

私の父親は7年前に他界してしまったので、居るのが当たり前の存在だと思っていましたが、実際急に居なくなると頼りにしていたし、親孝行もあまりしていなかったので今頃になって後悔しています。

昔の人は上手く言ったもので、親孝行したいときに親はなし!まさにそれだと思います。

お墓参りの際は、今は2級建築士の製図を頑張っているが難しい、若いときに取っとくべき資格やったと近況報告をしています。勿論、返事はないですが言わんとすることは何となくわかります。

お盆中もお仕事だったり、遊びに行ってお墓参りしていない方は、行った方が良いと思います。

実家を離れて暮らしている方も、お盆やお正月は帰省するでしょうから親孝行につながることをしてあげてくださいね。