総務の面々総務の面々

過去の記事:

おもてなしの心

こんにちは。総務部の前田です。

お隣韓国では平昌オリンピックが盛り上がっていますね。

私はたまたま観ていたカーリングに見入ってしまい、今回の注目競技となりました。

そして2年後の2020年は東京オリンピック!待ち遠しいですね。

まだまだ奮闘が続いている平昌オリンピックですが、東京オリンピックといえば「おもてなし」が話題となりました。

 

「おもてなし」というと、ホテルや旅館、テーマパークなどサービス業を思い浮かべていました。

しかし、社会という場に出てみると、人と人とが関わる全てにおいて、おもてなしの心が通じると実感しました。

そうして私が思うおもてなしとは、相手を慮ることです。

相手の立場にたって考えること、相手を敬い丁寧に接すること。

そしてそれらを自然とできるようになることが、私が思い描くおもてなしです。

型どおりのサービスなどではなく、その人の心に寄り添い気遣いができる人になりたいと思いました。

ですが、気遣いにはその人の感性があらわれると思うのです。

どう感性を養っていくのか、まだまだ模索中ではあります。

でも小さなことから何かしてみようと思い、こんなことをしてみました。

我が家の玄関にタオル置きました。そして少し見栄えよくしてみました。

今年は大雪に見舞われ、除雪に追われる日が続き、除雪で汗をかいたり、雪や雨に濡れることもあったりして、すぐ手に取れる場所にあるべきかなと思い始めました。

上にのせているのは、タオルで作った椿です。

ホテルのベッドの上に置いてあるのを旅番組で見たことがきっかけでしてみました。

「タオルアート」で調べているとテーブルナプキンで華やかにテーブルコーディネートをしているのもありました。

写真を見ているだけでも、食事の時間が楽しくなるような心遣いを感じました。

これからもいろいろなことに目を向けて、自分の糧にしていきたいと思います。